研究室における学習目標

本研究室では学年ごとにその学習目標を定めています。この目標に向かって年間の活動を行います。
(具体的な活動内容は年度毎に変わります。)

学部

2年次

  • 観光学、観光地理学、観光マーケティングの基礎知識を習得し、自らの見解を述べることができる。
  • 情報の理解、整理、可視化を目的として、グラフィックレコーディングを実施できる。
  • 映像作成(撮影・編集)、もしくは紙面デザインを行うことができる。
  • 海外の観光状況について体験、理解し、その見解を発信できる。
  • 他大学の学生や社会人等、学外での交流の機会を作り、自らを相対化して理解できる。
  • ベンチャー企業や中小企業の持つ先端技術や思考に触れ、視野を広げる。

3年次

  • 観光学、観光地理学、観光マーケティングの知識を応用し、観光の現場で提案や企画を体験し、今日および未来の観光において必要な知識とスキルを理解し、説明できる。
  • 要請された内容を元に、企画立案や映像作成、紙面作成等のプロダクト作成を行うことができる。
  • 海外の観光状況について、自ら調査計画を立て、現地調査および資料やデータ分析、考察を行い、報告書を執筆できる。
  • 後輩(2年生)に対して、的確なアドバイスや補佐をすることができる。
  • 他大学の学生や社会人等、学外での交流の機会を作り、自らの立ち位置と独自性を理解できる。
  • 観光に関わる地域や産業の現状や課題を認識し、その解決法を提唱することができる。

4年次

  • 観光学、観光地理学、観光マーケティングの知識、および様々な世界における観光の状況を踏まえ、自らの研究(卒業論文)において、課題設定、調査、分析、考察を一つの論としてまとめあげることができる。
  • 他の卒論生に対して、アドバイスとなる的確なコメントをすることができる。
  • 後輩(3年生・2年生)に対して、的確なアドバイスや補佐をすることができる。
  • 他大学の学生や社会人等、学外における様々な人々と対等な立場で意見交換ができる。

大学院

M1(博士前期課程)

  • 国際的な観光学、観光地理学、観光マーケティングの知識と研究動向を理解し、自らの研究(修士論文)における課題設定、予備調査を行うことができる。
  • 自らの研究分野に関連する学会(日本地理学会、日本観光研究学会等)に参加し、研究動向を理解することができる。
  • 他大学の大学院生や研究者、および社会人等、学外での交流の機会を作り、自らの立ち位置を理解できる。


M2(博士前期課程)

  • 観光学、観光地理学、観光マーケティングの研究動向を理解し、自らの研究(修士論文)における課題設定、調査、分析、考察を的確に行い、一つの研究としてまとめることができる。
  • 自らの研究成果を、関連する学会(日本地理学会、日本観光研究学会等)で発表することができる。
  • 他大学の大学院生や研究者、および社会人等、学外での交流の機会を作り、自らを高めることができる。


卒業論文・修士論文タイトル

2021年度 卒業論文

伊佐穂乃花 『若者の旅行における食への高揚』
高橋香帆 『外国人従業員が宿泊施設の魅力向上に与える影響』
田中瑳耶 『若者の観光消費行動におけるSNSの役割』
田中春樹 『散策行動とファッションの関係性』
前田夏乃妃 『ディズニー作品にみる差別表現と変化』
山田みう 『コミュニティサイクルシステムにおける情報探索と回遊行動』
山田みらの 『新型コロナウイルス禍における ゲストハウスのイノベーション』

吉澤七海 『アニメ聖地巡礼がもたらす長期的な視点からの地域への貢献についての研究』

2021年度 修士論文

孫舒和『QRコード決済導入意識を踏まえた観光事業者の日中比較』
文迦『鎌倉市におけるオーバーツーリズムとコミュニティ内反応の差異』