研究室(ゼミ)の活動理念

横浜市立大学観光マネジメント研究室(有馬ゼミ)は、観光や地理、経営をテーマに、学問と社会の楽しさを享受し、個々人それぞれが自らの考えを持ち、伝え、行動することを最も大切にします。

学生教育においては、個々人が考える地域や産業の課題を、それぞれの持つユニークなアイデアとセンス、スキルで解決できる人材を育成することを目指します。

本研究室に所属する教員および学生には、ゼミ活動以外にも自主的に学外に出て積極的に自らの経験やスキルを養い、その知見を共有することを強く推奨します。

世の人すべてにそれぞれが情熱を持って取り組める何かがあると思います。お仕事の場合、それはお客様のためであることが多いですが、私たちの成長やスキルの向上につながることもまたあります。

世の人すべてにそれぞれが情熱を持って取り組める何かがあると思います。お仕事の場合、それはお客様のためであることが多いですが、自分自身の成長やスキルの向上のためとなることもまたあります。

ここで自分についてや事業内容、特筆したいポイントなどを紹介しましょう。長くなりすぎないよう簡潔にまとめるとよいでしょう。

行動規範 Code of Conduct

本研究室では学内外で求められる行動を明確にするために、次の行動規範に合わせて行動することを求めています。

横浜市立大学観光マネジメント研究室に所属する教員および学生は、どの性別、性的指向、身体障害、外見、体型、人種や宗教であっても、ハラスメントに該当するような言動や行動を容認しません。

全てのコミュニケーションは様々な経歴をもつ相手にとってふさわしい以下のような内容が求められます。

  • 他の人には思いやりをもって接しましょう。
  • 他の人を侮辱したり、けなすのはやめましょう
  • 対面のコミュニケーション、および特にインターネット上のコミュニケーションにおいて、自らの「言葉」が相手にどのように受け取られるかを考えて発言をしましょう。
  • 社会人としての常識をもって行動しましょう。学生だからという言い訳は通用しません。
  • やる気のない態度・姿勢は周りの人に対しても悪影響を及ぼします。本人にその意図がなかったとしても、第三者からどのように見られ、どのように受け取られているのかを客観的に判断し、考えて行動してください。
  • とるべき選択に迷ったときは、より多様性のバランスの高い答えを選択しましょう。
  • 全ての人にとって快適で、友好的な場を提供することに協力し、またお互いに感謝しましょう。